乗り換えることで、電気代が安くなると注目を集めている電力会社がループ電気です。実際に、節約効果を実感する人が増えてきています。しかし、デメリットが全くないという訳ではありません。

ループ電気のデメリットのひとつが、電力使用量によっては電気代が高くなってしまう可能性があることです。特に、電気を使う量が少ない家庭の場合は注意が必要です。

ただ、ループ電気には料金シミュレーションが用意されており、乗り換えることで本当に安くなるのか手軽に確認できるようになっています。損をしたくないのであれば、料金シミュレーションを活用しておくと良いでしょう。

そしてもうひとつループ電気のデメリットとなるのが、支払い方法がクレジットカード払いに限定されていることです。口座引き落としや現金払いが良いという人には、支払い方法が限定されることはデメリットとなりますが、カード払いにすることでポイントが貯まるなどのメリットも生まれます。

それ以外にも、申込や料金確認がWEB限定となっていることも、人によってはデメリットと感じることがあるでしょう。そのため、WEBに慣れていない人などは多少使いづらいと感じてしまう可能性は残ります。

しかし、少しでも電気代を安くしたいのであればループ電気を考えてみることがおすすめです。

>> Looopでんきの詳細はこちら

実際のところどうなの?ループ電気の評判

電力会社を乗り換える時に、しっかりと確認しておきたいのが評判です。ループ電気の場合、料金面が安いだけでなく停電などの心配もなく安心して使うことができると評判になっています。

料金が安くなると評判のループ電気ですが、単身世帯など少人数で暮らす家や使用電力量が少ない家の場合は、割高になってしまう可能性があります。しかし、3人以上で暮らす家や電気の使用量が多い家の場合は、節約を実感できたという声が多くなっています。

節約できる金額は、電気の使い方によって異なりますが年間で5千円以上安くなったという家が多くなっています。電気の使用量が多い家の場合は、年間で2万円以上安くなることも少なくありません。それだけに、少しでも電気料金を安くしたいのであればループ電気への乗り換えを考えておいて損はありません。

新しい電力会社に対して不安を感じる人もいますが、ループ電気に乗り換えることで停電の可能性が高くなったり品質が悪くなったりすることはなく、安心して利用することができます。

実際に使っている人の口コミでも、これまで通り問題なく電気を使うことができるという声が殆どです。そのため、安いだけでなく安心感がある電力会社に乗り換えたい人にも評判が高いループ電気がおすすめです。

>> Looopでんきの詳細はこちら