発足当時、ループ電気が行った東日本大震災で甚大な被害を受けた石巻市・気仙沼市での独立型ソーラー発電セットの無償設置を実施は、とても価値ある行動でした。

その画期的な発想がエネルギービジネス業界で注目を集めたというのも納得です。電気を選べる時代の流れにいち早く着目したループ電気の人気はとても高いようです。

電力自由化になったことでループ電気に乗り換え『1,000円近く安くなった!』『申し込みも簡単だったしもっと早く切り替えればよかった』などとコスト面や利便性では高評価を得ているようですが…。

そこで、気になるのは、電力供給の安定性やコスト面と共に、対応エリアにおける不安です。

一般的な新電力会社と呼ばれるものには、限られたエリアでのみ利用可能というモノが多い中、ループ電気の対応エリアについてはどうでしょうか。

ループ電気は、北海道電力エリアはもちろんのこと、東北電力・東京電力・中部電力・北陸電力・関西電力・中国電力・四国電力・九州電力エリアなど提供エリアの広さも魅力のひとつです。

現在の所、沖縄や離島では提供不可というのが残念な点ですが、ほぼ全国で利用可能というのはループ電気の優れたアピールポイントになるでしょう。

>> Looopでんきの詳細はこちら