電力業界の高コスト構造・内外価格差の是正を目的とした、競争原理の導入で経営効率化を促そうという考えから、1995年にスタートした電力自由化。

いまや現代人の生活には絶対不可欠な『電気』ですが、それにかかるコストが人々の生活を圧迫している現実は誰もが感じていることでしょう。

そんな方々のために選択肢の一つとして提案され、多くの方に選ばれているのがループ電気です。

基本料金0円というのは、業界初の画期的なシステムということで、他にはない低コストを実現出来るのはそれが鍵になっているようです。

基本料金も最低料金もなし!ということは、純粋にご自身が使用した電力のみ請求されるということですから、今まで電気代に不満を持っていた方も納得せざるを得ませんよね。

逆を言えば、現実的にはありえまないことですが、もし、電気を使わない月があったとしたら、その月の電気代はゼロというわけですよね。

そうなってくると、ゲーム感覚で節約を楽しめるようになるかも知れませんね。

ループ電気には一般家庭向け『おうちプラン』と事業所向け『ビジネスプラン』の2タイプ。

エリアによる従量料金の違いはありますが、基本的にシンプルな料金設定、そのわかりやすさには文句の付けようがありません。

>> Looopでんきの詳細はこちら

ループ電気でシュミレーションしてみると…

基本料金0円のループ電気の最大のメリットは何と言っても単価が一律の料金システムです。

他社よりは随分分かりやすくはなっていますが、どの位お得なのかを知るためにシュミレーションはとても役立ちます。

これまでの電力会社は、段階制で使えば使うほど単価も高くなるという仕組みでしたが、ループ電気はどれだけ使っても同じ単価、まず、ここに大きな違いがありますよね。

例えば、40A契約で月に450kWh使用したケースでは東京電力は基本料金1,123.20円+電気料金11,525.4円=12,648.6円でしたが、ループ電気なら基本料金0円+電気料金11,700円=11,700円となります。

更に、50A契約で月に700kWh使用したケースでは東京電力は基本料金1,404.00円+電気料金19,030.4円=20,434.4円のところ、ループ電気なら基本料金0円+電気料金18,200円=18,200円となります。

いずれも燃料費調整額や再生可能エネルギー発電促進賦課金は除いた計算ですが、より電気を使う月や、家族が多く電気使用量が多いご家庭ならその差はより実感できるでしょう。

地域や現在の電気使用量の実態などにより異なりますが、多くの方が安くなったとの感想を漏らしています。

検針票など現在の使用量がわかるものを用意し、ループ電気の公式ホームページでシミュレーションしてみましょう。

>> Looopでんきの詳細はこちら